HOME > 会社概要 > 鈴木組の歴史

鈴木組の歴史

創業当時は、今村組として江戸時代に「徳川家」の土木工事に携わりました。以来、三菱創始者の「岩崎家」主体の土木工事を行い、その後、大林組の関東進出と同時に大林傘下の下請けとして東京駅、大正天皇御陵、旧丸ビル等の大型工事施工に参画しました。
昭和31年に社名を株式会社鈴木組に変更し、大林組鳶士工事専門業者として営業を始め、平成3年に組織拡大、さらに業績飛躍を目指し、架設工事業を計画推進しました。
平成6年鈴木職業訓練校「建築施工系とび科」として東京都より認定され開校しています。

1904年(明治37年)頃

日露戦争
鈴木(今村)千代松

1908年(明治41年)

中央停車場建設工事
鈴木(今村)藤三郎

1914年(大正14年)

東京駅竣工

1910年(明治43年4月吉日)

鈴木(今村)藤三郎

1912年(明治45年4月30)

鈴木(今村)藤三郎

1915年(大正4年3月27日)入札

池袋小学校
鈴木(今村)藤三郎

大正天皇葬儀

1926年(大正15年)

12月25日崩御

1927年(昭和2年)

2月7日~8日
大喪儀 多摩御陵
(現在の武蔵陵 他)

年号不明

今村組

年号不明

宴会

年号不明

今村組

年号不明

年号不明

お祭り

年号不明

ページの先頭へ

会社概要
ごあいさつ
会社概要
組織図
沿革
鈴木組の歴史
採用情報
会社所在地
業務内容
業務紹介
技術紹介
施工実績
施工実績
取り組み
取り組み
表彰者
有資格者
お問い合わせ
お問い合わせ