HOME > 業務案内 > 業務紹介 > 鳶工事

業務紹介

鳶工事

鈴木組 鳶工事ヘルメット

鳶(とび)職とは?

工事現場において仮設の囲いや足場を組んだり、建築資材などを楊重するためのタワークレーンを 組んだり、鉄骨を建てたりする職人のことを鳶(とび)職といいます。
鳶職は工事現場の始まりから終りまで全体を通して工事(作業)があり、また現場を引っ張っていく リーダー的な存在の職種であることから『現場は鳶職で始まり鳶職で終わる』と言われています。

主な鳶職の仕事

① 仮設工事

仮設工事としては仮囲い⦅安全防犯上、工事現場と外部を遮断するために設置される柵のこと⦆や 足場⦅作業用の仮設の床で安全かつ作業を行ないやすくするために設けられる設備のこと⦆の 組立・解体があり、その他では環境や安全上必要な設備・施設あるいは他職が作業を行なう上で 必要な足場や通路、囲いなどを設置したりと多種多様の工事です。(原則として作業終了後、解体、 撤去されます)

② タワークレーン工事

鉄骨や材料などの建築資材を楊重や移動したりするために高層ビルや大型の建物には欠かせない クレーンの組立・解体を行なう工事です。
建物の構造・大きさ・高さ・吊り上げる物(重量)などによってクレーンの機種も変わってきますが、 タワークレーンの機材は細かく分割された部材が多い為、手順よく組み上げて行くことが重要です。

タワークレーン

タワークレーン

③ 鉄骨工事

クレーン等を使用し、建物の基礎となる鉄骨を組み立てる工事です。
鉄骨工事は通常、下部(地走り)と上部(取り付け)の2班に分かれて作業します。
下部の主な作業は、地上にて鉄骨材や鉄骨用の仮設材などをタワークレーンを用いて吊るための 段取りを行ないます。上部の班は下部の班が段取りして吊り上げた鉄骨材等を高所にて取り付ける 作業が主となります。鉄骨建方は一定の期間、継続的に作業を行なうため、いかに安全に、早く 取り付けるが重要で、鳶職の技量、経験が問われる作業です。

鉄骨建方1

鉄骨建方

鉄骨建方2

鉄骨建方

ページの先頭へ

会社概要
会社概要
組織図
沿革
鈴木組の歴史
採用情報
工事部担当メッセージ
会社所在地
業務案内
業務紹介
施工実績
施工実績
取り組み
勉強会
安全活動
安全衛生活動
お問い合わせ
お問い合わせ