HOME > 業務案内 > 業務紹介 > 斫り・解体工事

業務紹介

斫り・解体工事

鈴木組 斫り職長用ヘルメット

斫り(はつり)工事

「斫」(しゃく)という漢字は、斧で叩くように切ることや、そのための道具を表します。
昔は現在の様に機械は無く、石や岩を楔(くさび)とハンマー(げんのう)を用いて割ったり、削ったりすることを、「石を斫る(きる)」と言いました。
現代は、石よりもコンクリートを多用する事が多くなり、鑿(のみ)でコンクリートの出っ張りや表面を削ったり、削岩機(さくがんき)やエアーピックハンマーで破砕する事を「斫る(はつる)」と言います。
その様な工事の専門分野です。

カッター入れ作業

カッター入れ作業

ハンドブレーカーでの斫り作業

ハンドブレーカーでの斫り作業

解体工事

建築分野の解体とは、建設と対に、建築物を壊す事です。
建築物の老朽化や、災害等で著しく損傷し修繕が必要な場合、建物の使用目的が変わり間取りの変更が必要になった際に、建築物をバラバラにする工事の専門分野です。

カッター入れ作業

S造建屋解体作業

ハンドブレーカーでの斫り作業

RC構造物解体作業

カッター入れ作業

ワイヤーソー切断作業

ページの先頭へ

会社概要
ごあいさつ
会社概要
組織図
沿革
鈴木組の歴史
採用情報
会社所在地
業務内容
業務紹介
技術紹介
施工実績
施工実績
取り組み
取り組み
表彰者
有資格者
お問い合わせ
お問い合わせ